« ネーナの性格 | トップページ | 必死。階段のぼり »

ロングヘアードワイマラナー インターナショナルチャンピオン ハンスの性格

ボク、ハンスの性格は以前から大人しい、慎重と記していますが、いくつかそれについてお話を。

■慎重

動物病院のきれいな獣医さん、助手さん達から先だって、いい子ですねぇとずいぶん褒められたのですが、注射が終わった時などご褒美としておやつをいただくことがありますよね。ねーさんがボクと一緒にいるときは、助手さんの手からもおやつを食べるのですが、ねーさんが一緒にいないと、たとえ鼻先でも食べないのです。知らない人からのものは、むやみやたらに口をつけない性格なのです。

人の手から食べ物をもらうときは、恐る恐る加える。決して、勢いよくがガブッと人の手を噛むような食べ方はしたことがないです。

■大人しい

躾をして大人しくなったんでしょうか? と質問されることもあるのですが、もともと生まれ持った性格のようです。

生後4ヶ月でねーさんの家にボクは来たのですが、ペットトレーナーの方に家に来てもらいボクを見てもらいました。

トレーナーさん:「これから躾をすることのひとつは、人間が団欒や会話をしていたら、吼えずに静かにテーブル脇で寝て待てたり、散歩の途中で飼い主同士がお話をしている間も騒がずに待てるように…………。あれっ、こちらのハンスくんは、言われなくても私がずっと説明している間、静かに待ってますねぇ。言われなくてもできる仔はあんまりいないんですが……」

当初、2,3日はトレーナーに来ていただいたのですが、ソファの上に乗ったり、テーブルの上の食べ物を取ろうとしたり、玄関の靴や人間の衣服を持って遊んだりがまったくなくねーさん一家が困る行動がなかったのと、トレーナーの方も教えることはないとおっしゃったため、トレーニングはあっさり終了。

しばらく、その後ねーさんから教えられたのは、おしっこシートの上でおしっこをすることだけですが、後になって庭に出れば好きなところでおしっこができる環境下、わざわざお金と資源を無駄にすることもないと、家ではシートを置くのをやめてしまいました。家の中にいておしっこをしたい場合は、ボクが玄関先にいって出たいそぶりをするので、それでわかってもらってます。

Longhairedweimaraner_hans_hamanako_

芝生の上ではアグレッシブに走りますが、長距離は苦手です。ほかの犬と絡みながら走るよりも、ねーさんと一緒にボール遊びをしながら走るのが好き。自転車での散歩は足を痛めるので嫌いです。

|

« ネーナの性格 | トップページ | 必死。階段のぼり »

ワイマラナーFCIチャンピオン ハンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1454362/38816326

この記事へのトラックバック一覧です: ロングヘアードワイマラナー インターナショナルチャンピオン ハンスの性格:

« ネーナの性格 | トップページ | 必死。階段のぼり »