« 上野のパンダ。上野の桜。 | トップページ | ハンスと一緒に。 »

犬もパンダも男と女は同じですね。

昨日に引き続き、上野のパンダネタになります。
今日のニュースで

「雄の比力(ビーリー)は一睡もできなかった様子。
一方、雌の仙女(シィエンニュ)は孟宗竹もしっかり食べ
環境が変わったことにびくともせずに熟睡」
というように報道されてました。

以前にもハンスの慎重な性格に対して
ネーナの性格は大胆な性格と
書いておりますが、ビーリーと
シィエンニュというパンダも同じなんですね。

2011年1月 9日 (日)のブログ
http://weims.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-2dd3.html

生後四ヶ月でハンスがうちに来たときの様子は……
●水も飲まず
(搬送されていた間の12時間以上、水を飲んでいないため、
喉が渇いているはずなのに、水をあげても口をつけないのです。
知らない人から水をもらって危険ではないかと逡巡していたと思われます)

●動きまわらず
(庭や家の中の見える範囲で最低限、動かざるを得ないところしか歩かなかった。
走りまわるということをし始めたのは、1週間ほど経ってからでしょうか)

●吼えず
(様子を伺うような顔で、しずしずと人間の顔を覗いていた。ここが自分の
テリトリーだと安心し、宅配便の人にワン!と一声吼えるまで1週間かかりました。
もしかして、「この犬は声が出ないオ×なんではないか」と本気で家族で心配してました)

一方、ネーナは ↓ にも書いておりますが
http://weims.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-7b66.html
家についた瞬間に、動く、動く、吼える、吼える。
食べ物も、躊躇する様子なく、何でも食べる、食べる。

ビーリーとシィエンニュの性格の違い触れた報道に
深く頷くNねーさんなのでした。

Longhairedweimaraner_hans_hamanak_2

おとなしいワイマラナー ロングヘアードの僕・ハンス(牡・6歳)ですが

たまにはアグレッシブに走るんですhappy01

ワイマラナー ロングヘアード
FCIインターナショナルチャンピオン
http://weims.jp/

|

« 上野のパンダ。上野の桜。 | トップページ | ハンスと一緒に。 »

ワイマラナーFCIチャンピオン ハンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1454362/38816328

この記事へのトラックバック一覧です: 犬もパンダも男と女は同じですね。:

« 上野のパンダ。上野の桜。 | トップページ | ハンスと一緒に。 »